車でお金「自動車金融」でお金を借りる

車を担保にお金を借りる車金融、乗ったまま車で融資OK、今日借りたい、即金でお金を融資してくれる自動車担保ローンの秘密とは?

即金で借りれる車金融の仕組み

   

自動車を購入するためにお金を借りるオートローンやマイカーローンをご存知の方は多いと思いますが、反対に現在所有している自分の車を担保としてお金を借りる自動車担保金融があることをご存知でしょうか?

今回は、自動車担保ローン・自動車担保金融についてご説明します。

「自分の車に乗ったままで融資OK」「車で融資」「車で即現金」などの広告をみかけたことがありますか?

通勤や仕事、家族の移動手段としてどうしても車が手放せない人にとって車に乗ったままで車を担保にお金を借りることができたら便利だと思う方も多いかもしれません。

実際に車を担保としてお金を借りるとき、乗ったままで融資を受ける場合と車を預ける場合との2パターンがあるようです。

どちらの場合であっても車の所有者はお金を貸す業者の名前に名義変更され、返済が完了した時点でもとの所有者の名義に戻ることになります。

車でお金を利用するその前に

車に乗ったままで融資を受ける場合、担保が業者の手元にないことと、事故などのリスクや消耗の面から、車を預けて融資を受ける場合よりも借りることができる金額が少ないことがあるようです。
また、業者名義の車を使い続ける形式になりますので、車の使用について、リース料などが返済の金額に追加で請求されることになります。

結果返済金額は金額は大きくなる可能性があります。

また、万が一借りたお金を返済できないにも関わらず返済を放置したり、督促を無視して車を使い続けたりすると、お金を貸した業者が車を盗難されたと警察に通報することで、返済できなかった債務者は窃盗罪として逮捕される可能性があります。

車を預けるてお金を借りる場合は、担保価値が下がらないことや担保を確保できていることから、乗ったままでお金を借りる場合よりも借りることができる金額が大きいようです。

車に乗ったままでお金を借りる場合との違いとしては、業者に預けますので、車の管理費用を返済額に追加で請求される場合があります。

結果、支払いが高額になってしまう可能性があります。

信用できる会社が少ないのも実情で、悪徳業者や詐欺業者がとても多くトラブルも多発しているようです。

長年の信用のある業者や名前の通った業者に依頼されることを強くおすすめします。

くれぐれも、ガードレールや電柱、駐車場の看板などに貼られているステッカーのような広告の会社などにひっかからないようにお気を付け下さい。

車でお金を利用するその前に

 - 車金融とは?