車でお金「自動車金融」でお金を借りる

車を担保にお金を借りる車金融、乗ったまま車で融資OK、今日借りたい、即金でお金を融資してくれる自動車担保ローンの秘密とは?

車担保金融のトラブル

   

車を担保にお金を借りる場合、よく聞くトラブルとはどんなトラブルなのでしょうか?

一つ目は、「査定時のトラブル」です。
車を担保にお金を借りる場合、担保となる車の査定金額に応じてお金を借りることになります。

査定の基準となる金額は売却時の金額になります。

現時点で、その車両を売却すれば手にすることができる可能性がある金額です。

その金額を基準として、業者は融資金額を決めます。

例えば、査定で100万円の値が付いた車を担保に20万円の融資しか受けることができなかったケースなどがあります。

これなら、売却した方がよかったと後悔するかもしれません。

車を担保にお金を借りようと考えるとき、車を売却するかどうかを検討した結果、手放さなくてもよい、または手放したくないという理由で車を担保にして融資を受けようと決めた人も多いかもしれません。

また、一時的に名義が業者に変わったとしても、現金が必要で返済が終了すれば自分の名義に戻るし、車に乗り続けることができることにメリットを感じる人も多いかもしれません。

ですので、自動車担保融資を受ける場合には必ず事前にインターネットの一括査定サイトなどで、自分の車がいくらくらいの価値があるのかを把握しておく方がよさそうです。

2つ目に「手数料のトラブル」があります。
自動車担保融資には様々な手数料が発生します。
車の名義変更の手数料・車を預ける場合の管理料・車に乗り続ける場合のリース料などです。
担保のない貸付と異なり、車と言う担保の維持や管理費用が発生するのは当然ですが、この手数料が法外な場合があると言うのです。
特に悪徳業者や詐欺業者と契約をしてしまった場合、毎月の返済金額がとんでもない金額になったというトラブルが報告されています。

車と言う担保があることで、本人の返済能力や他社からの複数の借り入れがあるのかなどをあまり厳しく審査せずに貸し付ける業者も多いそうですが、その裏には、債務者がを早く返済不能な状態にして、担保である車を手に入れることが目的である悪意のある業者の魂胆が見え隠れしている場合もあるそうですので、契約を完了するまではしっかりと確認をして騙されたりしないように気を付けた方がよさそうです。

最後に、これは典型的な悪徳業者に騙されたケースと言えそうですが、返済がたった1日遅れてしまっただけで、車を売却されたというケースもあるそうです。

このように、何度も言うようですが、悪徳業者・詐欺業者が数多く存在しますので、自動車担保融資はあまりおすすめできる方法ではないと言えそうです。

車でお金を利用するその前に

 - 車金融とは?